好きになってはいけない人をキッパリと諦めるには?

Pocket
LINEで送る

気持ちというのは、思いのほか自分の自由にはならないものです。

友人の彼氏なのに、好きになってしまった。相手は既婚者なのに、心が惹かれてしまう。

いけないとわかっている相手を、好きになってしまうこともあるでしょう。

好きになってはいけない人を好きになったら一体、どうすればいいのでしょう?

もちろん、気持ちのままに突き進むわけにはいきません。

突き進んでも、恋が叶う可能性は限りなく低く、たくさんの人を傷つけてしまうかもしれないのです。ほとんどの人は、恋心をひた隠しにするでしょう。

でも、「キッパリ諦めたい…」と思っても、簡単には諦められないものです。

一体どうすれば諦められるのでしょうか?

今回は、「恋の諦め方」について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

禁断の恋を諦める3つの方法

接触を断つ

好きな人を諦めたいのなら、まずは物理的な距離をとってください。

要するに、会わないことです。

気持ちは、簡単にコントロールできるものではありません。恋愛ごとならなおさらのこと。

顔を合わせたり、言葉を交わしたり、ちらりと姿を視界の端でとらえるだけでも、心をかき乱されてしまいますよね。

相手に、もしくは自分には大切な人がいること。振り向いてもらえない可能性が高いこと。不倫になれば、慰謝料を要求されるかもしれない。

と、いくら頭の中で現実的に考えたとしても、好きな人に会ったとたん、すべてが吹っ飛んでしまう

それが恋心というものです。

制御できない気持ちが暴走してしまう前に、その原因から自分自身を遠ざけてしまいましょう。諦めたいなら、会わないに限ります。

文字でのやりとりも極力避けて

接触といえば、SNSやLINE、メールなどもそうです。

こうした文字でのやりとりも、極力避けるようにしましょう。

といっても、急に連絡先を変えてしまったり、着信拒否してしまったりというのは、相手にも怪訝に思われてしまうでしょう。

仮に、彼女持ちや既婚者の男性のほうが、アプローチしてきたという場合には、「NO」の意図が伝わって効果的ですが、単にあなたの片思いであれば、突然すべての連絡を断つのはいいやり方とはいえません。

ですから、なるべくそっけなくすることです。好きな人からメールが届けば即レスしたくなりますが、ぐっと我慢。

返信するまで時間を置いてください。

返信の内容も、当たり障りないものにします。

聞かれたことに、答えるだけ。

こちらからは質問を振らない。

相手の話を深掘りしない。

やりとりを極力盛り上げないように心がけます。

そうすれば、相手も積極的にあなたに連絡をしようとはしなくなるはすです。諦めると決めていても、連絡がくればどうしたって嬉しくなります。

だから、あなたの胸を踊らせる彼からの連絡を、極力避けるわけです。

予定を詰め込む

好きな人を諦めるには、会わないに限ります。

でも、職場が同じであるとか、同じサークルに所属しているなど、簡単には距離を置けない接点がある場合も多いですよね。

目に入れば、嫌でも気になってしまいます。

そういうときは、とにかく予定を詰め込みましょう。仕事でもいいし、プライベートの予定、習い事などでもいいのです。

自分自身を、猛烈に忙しい状況に追い込みます。

もちろん、体を壊さない程度に…。

新しいプロジェクトが立ち上がることになったら、積極的に参加していく。仕事終わりの時間に新しい習い事をはじめる。

要するに、彼のことについて考えにふけったり、ありえないくらい幸せな妄想にひたったりする時間を、なくしてしまうのです。

考えれば考えるほど、思いは募ります。

ですから、なるべく忙しくして、他の楽しいことや、充実感を得られることで頭と体をいっぱいにしておくことで、

「そういえば、最近彼のこと考えてないな」

という状況を作り出していく作戦です。

スポンサーリンク

気心のしれた友人と会うのはほどほどに

では、何か予定を入れようとするとき、すぐ思いつくのは、「親しい友人たちと会おう!」ではないでしょうか。

でも、気兼ねなく話せる友人に会えば、

「最近、気になる人がいるんだけど…」

なんて、恋バナになってしまったりしませんか?

それでは、忘れたくても忘れられません。

友人に絶対会うなとはいいませんが、新たに予定を入れるのなら、何か新しいことに挑戦してみるのが一番おすすめです。

知らなかったことを知れたり、新しい技術を身につけられたり、ちょっとでも、「頑張らなくちゃ」という難しさがあり、打ち込めるくらいのほうが、余計なことを考えずにすみます。

これまで興味があったけれど二の足を踏んでいた習い事に、勇気を持って飛び込んでみたり、資格試験の勉強をはじめてみたりしてはどうでしょう。

彼のことではなく、自分自身のことに一生懸命になる。

彼以外に夢中になれるものを探してみてください。

ファンになる

あの手この手を試してみても、どうしても好きな気持ちが押さえられないのなら、いっそ思いっきり好きになってみたらどうでしょう。

ただし、「この人は好きになってはいけない人なのに…」という考えに浸ってしまうのは禁物。ダメだと言われるほど、人はやってみたくなるものです。

禁断の恋ほど、女を酔いしれさせるものはありません。

いけないと思うほど、夢中になっていきます。

そうではなく、ファンになってみましょう。

アイドルを追っかけるような、芸能人に夢中になるような、雲の上の人に憧れを持つような、そんな気持ちへ、自分の心を方向づけてみるのです。

ひっそり心に秘めるのではなく、身近な人や友人に、「〇〇さん、素敵だよね。憧れるなあ」と、あっけらかんと言ってみてください。

ときめく分には罪はないのです。

「純粋に、ただファンなの」

という立場に自分を無理やり立たせてみましょう。

相手に迷惑をかけないのが鉄則

好きになった気持ちを消すには、時間が必要です。

諦めると決めても、心は揺れ動きます。

だからといって、悲嘆にくれたり、苦しんだりという状況に自分を追い込むと、かえって恋心は燃えあがってしまいます。

ですから、好きな気持ちが募って爆発する前に、小出しにしていきましょう。

悩まず、隠さず、楽しみながら、にぎやかに恋をしましょう。

ただし、相手に迷惑をかけることだけは、絶対にやってはいけません。

あくまでファン。

あくまで憧れ。

心の中は違っていても、対外的にはそれを貫いてください。

ある意味、本当の恋を諦めるために、偽物の恋をするようなものです。

憧れとしてときめくだけなら、きっと許されます。

焦らず、ゆっくり、恋を捨てよう

恋を諦めるには、時間がかかります。

そして、気持ちだけ強くもっても、そう簡単に諦めがつくものではありません。

行動あるのみです。

彼といかに距離を取るかに尽きます。

物理的に離れるのか。

彼に割いていた時間を、自分自身に割り振るか。

「彼を好きな自分」から距離を取るのか。

距離のとり方を決めたら、焦らず、気長に、恋心を忘れていきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です