不倫が止められない・・・その背徳感が癖になる。不倫を止める方法

Pocket
LINEで送る

誰かを傷つけ、自分も傷ついてしまうのが不倫ですが、分かっていても毎回、既婚者を好きになって気がついたら不倫の泥沼の中にという人もいます。不倫はなかなか止めるのが難しいものですが、不倫によるデメリットは多く、止められるなら止めたいと思っているのならどうしたらよいのでしょうか?

今回は不倫を止める方法をお教えします。

スポンサーリンク

不倫が何故、止められないのか

恋愛は障害があればあるほどに燃え上がると言われています。既婚者は本来は好きになってはいけない相手です。その相手を好きになり、関係を結んでいくことはいくつものハードルを乗り越え、うまくいった後にも数々の困難が待ち受けているものになります。

既婚者は相手の恋愛だと、お互いに自由に会える時間が少なく、連絡を取るのもままならないと言った状態になるでしょう。

そんな数々の障害が待ち受けている状態こそ、恋愛の熱が高まり、最も背徳感を感じられる状態なのです。

そのために一度、不倫関係を体験してしまうとなかなかその背徳感からくるドキドキする感覚が忘れられず、その関係を清算できても再びまた同じような不倫関係に陥ってしまうということになりかねません。

では、そんな不倫関係から脱却するにはどうしたらよいのでしょうか?

不倫関係脱却の道しるべ

遠い将来を思い描いてみる

基本的に不倫関係に未来はありません。不倫関係に陥っている状態は、あなたの貴重な時間を無駄に使ってしまっていることに他ならないのです。不倫相手と一緒にいて、その関係を続ける限り、あなたが結婚したり、暖かい家庭を持ったりという夢は叶うことはないでしょう。

相手がどんなに都合のよいことを言っても、結婚相手と別れるということには多大な労力がいて、別れた後も慰謝料や養育費など現実的な問題が降りかかってきます。

また、仮に相手が無事に離婚して、あなたと結婚することができても一度不倫関係を体験した相手の人が二度と不倫を繰り返さないという保証があるでしょうか?

むしろ、相手は再び不倫関係に陥り、あなたのことを苦しめるかもしれません

一度、浮気を経験した人というのは再度繰り返す確率が高く、相手があなた1人のものになることは永遠にないと言ってもよいかもしれません。

そんな風に相手とのちょっと先の未来を思い描いてみてください。そこに希望を見出せないのであれば、別の相手を探したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

相手が大事な人に嘘を吐く人なのだと理解する

よく考えてみてください。不倫関係に陥っている人は、一度、生涯を通して愛を貫くと誓った相手に嘘をついている人です。

あなたにどんなに都合のいいことを言ったり、理由を並べたりしても、相手が大事な人に嘘をついている人という事実が消えることはありません。

結婚相手は自身の生涯において、一番大事な人であると言ってもよいでしょう。そんな結婚相手に嘘をつき続け、別の人と恋愛関係を結ぶ人を本当に信じて大丈夫でしょうか?

恋愛関係に陥っている時には、正常な判断が出来なくなります。一歩引いてみてみると、不倫関係には数多くの矛盾が存在しているのです。

あなたが非の打ち所がないないと思って愛を捧げている相手は、実は一番大事な人に平気で嘘を吐くことが出来る人なのです。そんな風に少し自分たちの関係を俯瞰してみてみると気持ちが覚めたり、冷静になれたりします。

恋愛より面白いものを見つける

不倫関係に陥ってしまう人の特徴としては、恋愛至上主義で恋愛以上の面白いものが見つからないということがあります。恋愛のドキドキや駆け引きなどが好きで、好きな人に呼ばれるとどんな用事も放り出して出かけてしまう。そんな人が不倫関係に陥りやすく、不倫のデメリットをものともせずに突き進んでしまうのです。

人生において、恋愛を楽しむのは悪いことではないですが、恋愛しか楽しみがないという人は、恋愛以外の楽しみを見つけてみるのがよいでしょう。

趣味であったり、何か時間を忘れて打ち込めるものだったりを自分の中に持つことによって、段々と恋愛に対する思いの比重が減ってきます。恋愛が生活の全てでなくなると、不倫に対しても少し冷静になって、本当に自分にとって大事なものがなんなのかが見えてくるようになります。

恋愛しか楽しいことがないという人は、それ以外に興味が持てるものを探してみてください。きっとそれを見つけることにより、不倫関係から脱却することが出来るでしょう。

不倫は人を傷つける行為

不倫は人を傷つける行為です。街中で人を殴ったり、他の人に危害を与えたりする行為は犯罪で、罰せられるべきものだということは大人ならば誰しも知っていることでしょう。あなたも進んでそのようなことをしようとは思わないはずです。

しかし、不倫関係にあるということは、相手の結婚を精神的に傷つけて、回復するのが難しいほどのダメージを与える行為です。あなたが日常的には絶対にしないであろうということを、実は誰かと不倫関係にあることでしてしまっている可能性があるのです。

そのため、配偶者に訴えられ、裁判になったらあなたは多額の慰謝料を払わなければなりません。あなたのやっている行為が人を傷つけ、その補償をすべきであると認定されることだからです。

あなたにそんな重責を背負っていくことが出来るでしょうか? そんな風に人を傷つけ続けてまで続ける価値がその関係に本当にあるのかどうか、しっかりと見極めて、相手との関係を考えてみるとよいでしょう。

一度冷静に考えて

いかがでしたか? 不倫には常に多大なリスクがともない、周りの人やあなた自身を傷つけることになります。不倫からうまく脱却して、自分自身が誇れる自分を取り戻すことが出来るとよいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です