男を落とす簡単な方法は?恋愛心理を巧みに使い秒殺する!

Pocket
LINEで送る

恋愛したい、彼氏がほしい・・・

そんな望みは常々持っていたとしても、恋愛は一人じゃできませんよね。

これはと見込んだ男性に、こちらのことを想ってもらうことができなければ、恋には発展しないのです。

たとえば合コンで、気になる男性にもこちらを気にしてほしいとき。

友人から紹介された人と、いい雰囲気に持ち込みたいとき。

長年友人だった男性との関係を、恋愛方向へと変えていきたいとき。

狙い定めた男性を落とすためには、どうすればいいのでしょう?

特別な美人じゃなくても、最高のプロポーションじゃなくても、ちょっとした心理戦で男心をとりこにできるとしたら?

あなた自身が恋愛経験にとぼしくても、ちょっとしたテクニックによって、男心をときめかせることができるとしたら?

今日からでも試してみたくなりますよね。

今回は、男性をおとすための心理テクニックについて、解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

男性をドキッとさせる心理テクニック

近づく

意中の人と心の距離を縮めたいなら、物理的な距離も縮めましょう。ズバリ、近づくのです。

「え、ちょっと近くない?」

とドキッとさせるくらい、自然な感じで近寄ります。

いかにも下心がなさそうな、ごく当たり前のような顔で、平然と近づくようにしてください。男性側がこちらの意図に気付いてしまうとアウトです。

人には、相手と「ここまでなら近づいても不快ではない」と感じる距離感があるものです。

これをパーソナルスペースといいますが、好きな人が相手の場合は、自分のパーソナルスペースより1,2歩近づくように心がけてみましょう。

ボディタッチは良し悪し

男性をより確実にドキッとさせるために効果的なのは、ボディタッチです。

要するに、話しをしながら男性の腕やら肩やら、触れやすい部分にちょっとタッチする方法です。

女性側にもかなり積極性が必要ですよね。

これは、ドキッとさせるにはかなり効果的ですが、「軽い女だな」と思われかねない危険もあります。

性格上、相手に触れることなど何ともないタイプの女性であればいいのですが、かなり頑張らないと難しい・・・という女性の場合は、ボディタッチを頑張る必要はありません。

その代わり、彼に一歩近づいたときに、何か印象を強く残せるような工夫を考えてみましょう。

一番簡単かつ効果的なのは、香りです。

一歩近づいたときに、ふっといい香りがする。

それだけで男性はドキッとします。

できるだけ清潔感のある香りで、きつすぎないことが大切。

近くに来てはじめて気づいた・・・くらいの香りであると高ポイントです。

「どうしてわかったの?」と驚く

男性は、特別視されること、人より優れていると認められることが大好きです。

だからといって、たとえば学歴を褒めたり、仕事を褒めたりするのは、ちょっとあからさま過ぎます。それに、誰にでもできることなので、ありきたりなのです。

スペックを褒められて悪い気はしないでしょうが、「またか」というのも本音でしょう。

そこで、逆の発想をしてみましょう。

たとえば、男性のほうから、「君って、〇〇が得意そうだね」「〇〇が好きそうだよね」といった話を振ってきたら、

え!どうしてわかったの!?

と、多少大げさに驚いて見せるのです。

「他の人は気づかなかったのに」「あなただけが気付いてくれた」というニュアンスを存分に含ませてください。

この一言で、男性は優越感に浸れる上に、あなたにとっての「特別」になったに違いないという期待をもつことができます。

自分を特別に見てくれる女性を、男性は特別視しがちなのです。

スポンサーリンク

「どうしてわかった?」と思わせる

ここからもう一歩、相手を確実に落としたいのであれば、男性にも、「どうしてわかった?」と思わせるのが効果的です。

学歴や職業、キャリアなど、褒められ慣れているポイントではなく、男性本人は自信を持っていたり、こだわりがあったりするけれど、他の人はあまり気がついていないことを、ピンポイントでほめるのです。

ただし、これはかなりのテクニックが必要

観察眼がものをいいます。

自分には難しい・・・という人は、チャレンジしないほうが無難です。

その代わりに、簡単に似たような効果が得られる方法があります。

彼が「少数派」になる場面を、待つのです。

飲み会で、彼は唐揚げにレモンをかける派だったけれど、周りはかけない派ばかりだったとき。

彼が高く評価した映画を、周りが低く評価したとき。

ちょっとした話題の中で、彼が少数派にまわったときに、「あ、私もそう思うよ」と、彼を支持してあげてください。

「彼女だけは自分のことをわかってくれる」

と彼に思わせることができたら、彼の懐に入ったも同然です。

3秒見つめる

好きな人のことは、ついつい見つめてしまいますよね。

でも、ふいに目が合ったら…?

あわててそらしてしまいませんか?

そこを、もうちょっと頑張ってみましょう。

ゆっくり3秒間、見つめてください

彼は目が合ってもすぐにそらされたら、「偶然かもしれない」と思うでしょうが、3秒間目が合ったままだったら、「間違いなく自分を見ていた」と彼は確信するはずです。

言葉にはしなくても、「あなたが好きですよ」と少なからず伝わるのです。これほど相手をドキッとさせる瞬間はないでしょう。

それに人は、自分に対して好意を持っていると確信できると、その相手に好意を抱きやすい傾向があるのです。

笑顔を忘れないで

3秒というのは文字の上では短いようでも、体感すると結構長く感じられます。とくに目があったままでは、とても長く感じられるものです。

ですから、「見つめる」といっても、ただ真顔でじーっと見つめてしまうと、好意よりも嫌悪を与えかねません。

好きな人を見つめるときには、「笑顔」を忘れないでください。

目があったらちょっと驚いてみせて、ゆっくりとはにかんでから、照れたようにそっと目を伏せる。そのくらいのかわいらしさが演出できれば、彼に強く印象を残せます。

自分はそんないじらしいタイプじゃない、という女性であれば、驚いてみせたあとに軽く手を振ったり、サムズアップしてみたり、何かしらの合図を交わし合うのもいいでしょう。

言葉はなくとも、二人だけの秘密をこっそり交わした・・・

そんな気持ちを、相手に持たせるのがポイントです。

その他大勢から一歩抜け出すことが大切

男性を落とすために必要なのは、「他の人とは違う」という目で、あなたを見てもらうことです。

もちろん、いい意味での違いでなければいけません。

そして、もっとも簡単な違いを演出するのであれば、「間違いなくこちらに好意を持っている」と、相手に確信させることが手っ取り早いのです。

恋愛に長けた人は、むしろ気のない振りをしたり、小悪魔的に振る舞ったりして男心をひきつけますが、これは誰にでも駆使できるテクニックではありません。

かなり難易度が高いのです。

背伸びして恋の駆け引きを仕掛けるよりは、好きな気持ちを素直に伝えたほうが、効果は期待できますよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です