元カノとよりを戻すために必要な6つの条件とは?

Pocket
LINEで送る

元カノの残像

別れたけれど、忘れられない元カノと何とかよりを戻したい! まだ大好きな元カノと復縁したいけれど、どうしていいか分からない。そんな風に考えている人は多いのではないでしょうか? 元カノとよりを戻すためにはどうしたらよいのでしょう?

今回は、そんな風に元カノとよりを戻すために必要な条件について考えて行きたいと思います。

スポンサーリンク

元カノとよりを戻すために必要な6つの条件

条件1:別れた直後にしつこくしない

これはとても大事な条件です。彼女から別れを切り出された時、ショックで相手を問い詰めてしまったり、しつこく付きまとったりしてしまうと、あなたと別れたいと思っている彼女はあなたから余計に離れた糸感じて、遠くに離れて行ってしまうことでしょう。

彼女から別れを切り出され、あなたとしては別れるつもりはなかったとしても、心を決めている彼女の意志はその時には動かすことは出来ないと思ってください。彼女が別れたり理由を聞き、それに納得が出来ても出来なくても、一度、彼女とは距離を置いた方が良いでしょう。

女性にとっては、離れたいと思っている男性に付きまとわれるほど不快なことはありません。彼女の中で、あなたが今、離れたいと思われている男性なら、まずはそのことをどうしかしなければならないのです。

女性の心は移り気で、一過性の気分だけでそう思っている可能性もあるので、彼女の方から別れを切り出されたら、反論などしないでしばらくそっとしておいてあげた方が良いでしょう。

条件2:別れのきっかけになった出来事を自分なりに整理出来る

最初はお互いに好きあっていて、それで付き合っていた二人が、どうして別れることになったのか。別れた後には別れた理由やきっかけになった出来事などを自分なりに整理してみてください。

きっと別れた理由や二人の間が上手くいかなくなったのには何か訳があった筈です。それを直視しないで、やみくもに復縁を求めても、また上手くいかなくなる可能性の方が高いのです。

自分と彼女の間で、何が上手くいっていかなかったのか、彼女は自分に何を求めてどうして欲しかったのか、などをじっくりと考えて、復縁前に自分なりに結論を出しておいてください。

あなたが変われば、元カノの方もあなたを見る目を変えることでしょう。一見、遠回りに見えるこの行動ですが実は復縁への近道であったりもします。大好きな彼女と別れたことに落ち込んでばかりでは、先への希望は見えて来ません。自分なりに彼女との間での出来事を整理してみてくださいね。

条件3:自分の悪い所を認められる

別れた直後は、元カノに腹が立ったり、別れたことに納得がいかずに冷静に色んな物事を考えるのが難しいかもしれません。けれど、ちょっと落ち着いて来たら、元カノとの付き合いの中で、自分にはどんな風な悪い部分があったのかをよく思い返して、認めてみてください

自分の悪い所を認めると言う作業は、男女ともに辛い作業で、出来るならそんなことはしたくないと考える人も多いでしょう。特に落ち込んでいる時にこの作業をすると余計に落ち込んで来たり、前が見えずに暗い気持ちになったりします。

なので、この作業は十分に傷が癒えてからゆっくりと、あなたのことを良く分かっている信頼出来る友人などと行うと良いでしょう。

大事なのは自分の悪い所を責めるのではなく、認めることです。元カノとの付き合いの中で、自分の悪い所がどんな風に問題になっていたのかを認め、それを改めるにはどうしたらいいかと前向きに考えていくことが重要です。

人は一人一人違い、それぞれの特性を持っています。その特性同士がぶつかり合って上手くいかなくなることは往々にしてあるのです。そんな風に元カノと上手くいかない部分があったのならば、それを認めて、改善出来るようにしておきましょう。

スポンサーリンク

条件4:冷却期間を置ける

元カノと別れたら、最低3カ月は冷却期間を置くと良いでしょう。元カノの中にあなたに対する嫌な感情があっても、大体3カ月ほどしたらそう言った感情は薄れていくものです。

それ以前に、元カノに声をかけてしまうと元カノの方もまだ別れたいという気持ちが尾を引いていて、あなたに冷静に対処出来ずにケンカになったり、連絡を完全に断たれたりしてしまう可能性があります。

元カノとの復縁を果たしている男性は、粘り強く待てた男性が多いと言われています。元カノのことを好きだと言う気持ちが強ければ強いほどに、待つことが出来ずに動いてしまったりするものですが、よりを戻してたいと考えるのであれば、じっくりと時が過ぎるのを待つことをしてください。

条件5:友達感覚で連絡が取れる

元カノとよりを戻したい気持ちが強いと、そういったことを匂わせるメールや電話などをしてしまいがちですが、よりを戻したいという気持ちを前面に出し過ぎると元カノの方としては、その気持ちの強さに引てしまったり、逃げたいと感じたりしてしまうようです。

なので、別れた後も友達感覚で連絡が取れる男性の方が、元カノとよりを戻す確率が高いのです。

元カノにはよりを戻すといった確信めいた事には触れずに日常の些細なことや、何気ない様子伺いの連絡などを取ってみてください。この時もくれぐれもしつこくしたり、何度も何度も繰り返し同じようなメールをするのではなく、元カノが友人だった場合にどんなメールをするのかなどを考えて連絡を取ってみると良いでしょう。

条件6:相手の心変わりを待てる

元カノとよりを戻せる人は、元カノの心変わりをじっくりと待てる人です。何度も言いますが、女性の心は移り変わりやすく、気分によってあなたの事がよく思えたり、悪く思えたりということが起こってきます。

そういった変化に敏感になり、元カノがあなたのことを再び付き合っても良い人だと感じ始める時まで友人的な距離感でじっくりと待てる人が、復縁を成功させる人です。

復縁を焦ったり、自分のペースに持ち込もうと強引な行動を取ったりすると女性はあなたの元から逃げて行ってしまうばかりです。焦らずに、連絡を取りながら、相手の心変わりを待つこと。これが復縁のためには大事なことのようです。

終わりに

いかがだったでしょうか? 元カノとよりを戻すことは難しいことではありませんが、それなりに技術や忍耐力のいることです。元カノとよりを戻すことが出来る条件をしっかりと頭に入れて、大好きな彼女との復縁を目指してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です