一生ひとり?結婚できるか不安になったときの対処法3選

Pocket
LINEで送る

かつては、男性でも女性でも、家庭を持ち、子どもを育てて自分の家族を作っていくことが、当たり前のように受け取られてきました。

しかし時代も変わり、最近では、結婚しない人が増えているといいます。

「結婚したくない」

「一人でも全然平気」

と考え、自分の意志で、結婚を選択しない人もいる一方で、

「結婚したいのに、できない」

と悩む人も少なくないそうです。

このまま一生ひとりで生きていくのだろうか。

どうして大切な人に自分は出会えないのだろう。

そう不安になる人もいるというのです。

自分が結婚できるかどうか不安になったとき、どう考え、どう行動すれば、その不安に負けることなくいられるのでしょう?

一生ひとりなのか…と不安になったときの対処法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

一生ひとりかも…結婚できるか不安になったときの3つの対処法

結婚願望が叶わず不安な場合

「結婚できるか不安」

と感じる人たちはたくさんいても、不安の理由はさまざまです。

理由のひとつとしてまず考えられるのは、

「とにかく結婚したい!」

という結婚願望が強いこと。

結婚したいのに、できない。

その焦りから不安をつのらせているのです。

結婚というのは、どれだけ願っても、頑張っても、ひとりで成し遂げることはできません。

相手が必要です。

今、恋人がいるなら不安も軽減されるでしょうが、そのパートナーが結婚にまったく乗り気でなかったり、そもそもまだお付き合いする相手も見つかっていないとなると、先行きが不安になるのも仕方がないこと。

ただ確かなことと言えるのは、待っているだけではどうにもならないということです。

その不安を解消できるのは、自分の頑張り以外にありません。

出会わなければはじまらない

ただ待っていれば、白馬の王子さまが迎えに来てくれたり、天女が舞い降りてきてくれたりするものではありません。

結婚相手を見つけたいなら、行動を起こすのみです。

方法はいろいろとあります。

定番としては、友人や知り合いに頼んで合コンを開いてもらうこと。

お互いに共通の知り合いがいる状況ですから、比較的不安なく出会うことができます。

ただ、合コンを設定してくれるような友人もいない…という人もいるでしょう。

そういうときは、結婚相談所に登録するのがおすすめ。

あまり期待をかけすぎるのは考えものですが、マッチングのプロが担当につき、紹介してくれますから、話下手であったり、人付き合いが苦手な人でも、

「誰かに出会う」

「その人に話しかける」

という第一段階についてはプロにお任せすることができるからです。

その他、習い事をはじめたり、同窓会を主催するなど、とにかく人に出会うことに貪欲になることです。

ひとりになることが不安な場合

次に考えられる不安の理由として、

「ひとりぼっちになるかもしれない」

というものがあるでしょう。

結婚したいというよりは、孤独への恐怖を和らげる手段として「結婚」を望んでいるわけです。

たとえば、ひとりっ子で兄弟姉妹のいない人などは、年老いてきた両親を見て、

「もし結婚もせず、子どももいなければ、一生ひとりになってしまう」

と不安になるときがあるかもしれません。

仕事は充実しているし、友達もたくさんいるけれど、誰もいない暗い部屋に帰り、ひとりで過ごしていると、無性に寂しさを覚えて、

「ずっとひとりだったらどうしよう」

と思う日だってあるかもしれません。

孤独を恐れることは、とくに変わったことでも、珍しいことでもありません。

スポンサーリンク

ひとりでいられるのは今だけかも、と考えてみる

でも、逆に考えてみてください。

結婚するということは、いつどんなときにも、自分以外の誰かが一緒にいるということです。

ひとりでいるときのようにはいきません。

たとえば、毎週楽しみにしているテレビドラマをリアルタイムで見たいけれど、パートナーは録画してあるバラエティを見たがったとしたら?

クーラーのききすぎた部屋が寒く感じても、相手は暑いと言い張り温度を上げるのをしぶられたら?

疲れてゆっくりしたい休日に、相手は一緒に出掛けたがったら?

ひとりのときには、当たり前のように自分の思いのままにできたことが、ふたりになったときには、できなくなることもあるのです。

もちろん、ふたりでしかできないこと、家族だからこそ幸せを感じられる瞬間もたくさんあります。

いずれその幸せを手にするために努力しつつ、今ひとりだからこそ得られる幸せにも目をむけて、今のうちに思いきりひとりの時間を楽しんでおくことです。

まわりに取り残されるのが不安という場合

一生ひとりかも。結婚できないかも。

どんなときにそう思うかを考えてみると、自分以外のまわりの人が、結婚したり、子どもが産まれたりしている様子を見たときではないでしょうか。

友人たちが結婚しはじめて、招待状が次々に届いたり。

久しぶりに旧友に会ったら、結婚していてすでにお子さんがいたり。

兄弟が結婚し、幸せな様子をよく目にするようになったり。

そんなとき、

「自分は一生ひとりかも」

という不安と焦りが頭をもたげてくるわけです。

まわりは幸せになっているのに、自分だけ取り残されている。

そんな風に感じられてしまうのです。

幸せのかたちはひとそれぞれ

でも、それは単なる無いものねだりなのかもしれません。

幸せのかたちは、いろいろとあります。

結婚し、家族をつくるのも幸せのひとつです。

仕事に打ち込み、認められて、社会的地位を得るのもそうでしょう。

今は脇目も振らずに夢に向かって邁進したいという人もいるでしょう。

ひとりでいるのが居心地がいい人もいます。

ひとりであちこち放浪するのが楽しくてやめられない人も。

友人たちと集まってワイワイやるのが最高に楽しいという人もいるはずです。

まわりの人が結婚し、幸せそうで、同じ幸せのかたちも自分も強く望んでいると確信できたのであれば、もちろん結婚の実現に向けてひたすら頑張るしかありません。

でも、落ちついて考えてみたとき、

「自分の幸せはそこにはない」

と気づいたのなら、それはそれでいいのです。

いずれは手にしたいけれど、今がそのときではないと気づくこともあるでしょう。

人と同じようにある必要はありません。

あなたが望むことが何かを知ることがとても大切です。

不安解消の糸口を上手に見つけよう

以上、結婚できないかも…と不安になったときの3つの対処法について考えてみました。

純粋に、「結婚したいのにできない」という理由で不安を抱くこともあれば、別の不安があり、それを解消するために結婚という手段が一番てっとり早いから…ということもあります。

本当に自分が望んでいることは何なのか。

本当に不安に思っていることは何なのか。

不安や焦りで頭がいっぱいになってしまったときには、そんなふうに自分に問いかけてみると、不安解消の糸口がつかみやすいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク