モテない理由はなぜなのか?イケてない男の特徴3選

Pocket
LINEで送る

この世に生きる約70億人の約半分が男性であり、その中にはいかにもモテそうな男性もいれば、さっぱりモテない男性も当然います。

さらには、一見するとモテそうなのに、不思議と女性が寄り付かない男性もいますよね。

モテる男モテない男

その差はどこにあるのでしょう?

もちろん、見た目や体格、スタイルなど、「いかにもモテる」というタイプの男性もいますが、それにもかかわらず「イケてない」という男性も少なからずいるのです。

女性から見て「イケてない男性」とは、一体どんなタイプなのでしょう?女性は男性のどんなところを注意して見ているのでしょうか?

今回は、モテない男性のモテない理由について、探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

イケてない男性の特徴とは?女性が嫌う3つの特徴

汚い

たとえどんなに見た目がよくて、スタイル抜群であったとしても、絶対に女性が避けて通るのが、清潔感のない男性です。

女性というのは、細かいところに目が行く生き物です。

シャツがしわくちゃだったり、襟元や袖が黒ずんでいたり、何かが臭っていたり、爪が整っていなかったり歯をきちんと磨いていなかったりすれば、すかさずチェックします。

髪形がバッチリ決まっていてもワックスでベッタベタになっていたり、髭は剃ってあっても

鼻毛が出ていたり。

そういう「取り繕ったように見える」ところを嫌う女性も少なくないでしょう。

ちょっとでも「汚い」と感じる瞬間があれば、生理的なことだけに、その不快なイメージを覆すのは、並大抵のことではありません。

清潔感があれば必ずモテるというわけではありませんが、清潔感がなければ絶対にモテないと言えるでしょう。

ブランドで全身を固めても、いくら高給取りであっても、汚い男に女は近寄りません。

食べ方にも気をつけて

汚い、といえば女性が気にするのは、食べ方です。

クチャラーだったり、口に食べ物を入れたまま話をしたり、箸の持ち方がおかしかったり、肘をついてたべたり、ぼろぼろこぼしたり・・・

一緒に食事に行く、というのはデートはもちろん、お付き合いする前段階の男女には定番かつ、気軽なコースですが、一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、「食べる姿」を見る機会は多くなります。

その食べる姿が、とても不快だったら・・・?

一緒にいるのが苦痛で仕方がなくなります。

その上、長年染み付いた食べ方を変えるのは、なかなか難しい。ですから、食べる姿を見て一度でもがっかりすれば、女性は離れていきます。

でも、それに気付いていない、どころか、自分の食べ方が汚くないかどうか注意している男性はあまりいないのです。

でも、女性は必ず見ていますよ。

やさしくない男

次に、モテない男性によくある特徴として挙げられるのは、やさしくないこと。目の前の女性には、好かれたいのでやさしくします。

でも、その女性以外の人には態度が悪いのです。

列に平気で割り込む、優先席に座る、電車内で大声で通話する、人にぶつかっても謝らない、店員への態度が横柄・・・

意中の女性に対してはとてもやさしく接していたとしても、周りに対するこうした態度が垣間見えると、女性は目ざとく反応します。

女性というのは、共感の生き物です。

ドラマや小説にひどく感情移入してみたり、登場人物の気持ちになりきってしまったり、男性から見ると「ただの物語なのに、なぜそこまで・・・」と思うときがありませんか?

それは、女性は共感する能力に長けているからです。

横にいるやさしいはずの男性が、周りの人にひどい態度をとるのを見て、ひどく扱われたほうの気持ちに共感します。

いつか私も、同じ立場になるかもしれない

そんなふうに想像します。

本当はやさしくないのね、と察するのです。

スポンサーリンク

隣にいて恥ずかしい男性は嫌われます

同じような理由で、マナーの悪い男性もモテません。

タバコのポイ捨てを平気でしたり、運転マナーがひどかったり、ルールを平気で破ったりする人のことです。

マナーの悪い男性の隣にいれば、自分までマナーが悪いと思われてしまう。それがイヤなのです。

周りからの目を女性はとても気にします。どう思われ、どう判断されるか、常に意識しています。

だから、「この男性の隣にいることは、ひどく恥ずかしい」と一度でも思えば、二度と近寄ってはこないでしょう。

話を聞かない

モテない男によくある3つめの特徴は、話を聞かないことです。そもそも男性は、女性にとっては、話を聞かない生き物なのです。

女性は伝えたつもりでも、男性にはちっとも伝わっていなかったというトラブルは、日常茶飯事でしょう。

誰にでも経験があります。

しかし、ちっともモテない男性というのは、話を聞かないだけでなく、自分の話は聞かせようとするのです。

ぺらぺらぺらぺら、いつまでも自分語りをします。

その内容がまた、独りよがりな自慢話であったり、勘違いも甚だしい武勇伝であったりするから、なおさらたちが悪いのです。

しかも、同じ話を飽きもせず、あちこちで何度も繰り返します。

聞かされて面白くもないし、何の得にもならないし、こちらの話は聞いてもらえずストレスはたまるしで、

「この人と話をしていても、何の意味もない」

と女性は思ってしまうわけです。

女性はアドバイスなど求めていない

また、一応女性の話も聞くけれど、そのあとの展開で女性から嫌われてしまう男性もいます。いわゆる、アドバイスをしたがる男性です。

女性は、心の中のモヤモヤや悩みを、言葉で吐き出し、誰かに聞いてもらって発散する生き物です。

要するに、愚痴をこぼしたり、悩んでいる様子のときは、女性は話をしたくてたまらない状態にあると言えます。

ところが、モテない男性は、黙って聞いていられません。

だから、上から目線で「こうするべき」とアドバイスしてみたり、「自分はもっとひどかった」とより苦しい状況をくぐり抜けてきた武勇伝を長々と語りだしてしまったりするのです。

しかし、女性は大抵の場合、アドバイスなど求めていないのです。すっかり語るスタンスでいたところに、聞く立場を強要されて、ストレスはたまるばかり。

「話し相手にするには向いてないな」

と思うでしょう。

できると自認している男性ほど、こういう失敗をしがちなので、注意が必要です。

清潔、やさしさ、会話はモテる男の最低条件

以上、イケてない男性の特徴を3つ、挙げてみました。

ここに挙げたのはあくまで最低限の話です。

女性にとっては、清潔感があり、やさしくて、話し相手になってくれるというポイントは、男性を選ぶときの絶対条件といえるでしょう。

この3つが揃っていなくては、恋愛におけるスタートラインにすら立てないと言っても過言ではありません。

しかし、意外にわかっていない男性は多いように見受けられます。

さっぱりモテなくて困っているのであれば、ファッションに凝ってみる前に、デートコースに頭をひねってみる前に、この3つの点についてじっくり自分自身を吟味してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です