面食い男は自己中率が高い?「絶対にブスは受け付けない!」

Pocket
LINEで送る

女性を顔で判断して、きれいな女性以外女性と認めないといった男性があなたの身近にいますか? ブスは受け付けないと公然と宣言し、キレイで可愛い女性だけが女性であるかのように、相手によって態度をコロコロ変えてみたりといった面食い男性は、実は自己中率が高いのです。

自己中な面食い男性に引っかからないためには何を注意したらよいのでしょうか?

今回は面食いな男性について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

面食い男性の特徴

みんな、子どもの頃は見た目から

子どもの頃は、相手を判断する材料として相手の見た目がほとんどを占める割合が多いことが知られています。これは、子どもがまだ多角的に物事を見極めるという能力を持っておらず、自分の主観のみで相手や物事を判断しがちなためであり、このことのより、子どもの頃は相手を好きになるきっかけが外見という人が多いのです。

ただ子どもから成長していくと段々と相手の外見以外の要素に目がいくことになります。優しさや思いやり、相手の思慮深さなどを好きになる人も多いでしょう。また、大人になると自分と考え方や趣味が合うといったことを重要視する人も多いかもしれません。

このようなことから、極端な面食い男性は、子どもの頃から異性を見る基準が変わっていないという人が多く、そのため、他の面でもどこか子どもっぽく、幼稚な考え方を持っている人がいます。

外見にとらわれて他の面に目が向かないということは、その人の視野の狭さを表していることがあるのです。様々な経験を積んでくると、外見だけが相手を表す全てではないということが良く分かってきます。けれど、大人になっても外見にとらわれ、外見だけが全てであるような考えを持ってしまうという人は少し成長しきれていない部分がありそうです。

そういった点でも、面食い男性には少し注意が必要なようですね。

自己顕示欲が高い

面食いな男性の中には、きれいな女性を手に入れて自分の優位性を周りに誇りたいという男性がいます。周りの男性よりも自分が優れているということをアピールするために美しい女性を手に入れたいと考える男性です。

こういった男性は自己顕示欲が強く、負けず嫌いで勝ち負けに敏感だという面を持っています。そのため、競争社会などでは人一倍頑張れたり、成果を残していたりして、高学歴や高収入な男性であることも多いのです。

あなたも成功した男性の妻が容姿端麗だったり、他よりも優れた外見的特徴を持っていたりということをみたことはないでしょうか?

男性にとっては、美しい女性を手に入れることは自身の成功の1つなのです。そのため、女性に対して美しさや可愛らしさを強く求める男性は自分を彩るトロフィーの1つとしてそういった女性のことを考えている節があります。そのため、女性のことをもののように扱ったりすることがあり、長いことそういった男性と一緒にいると女性はうんざりしてしまうことでしょう。

スポンサーリンク

見栄っ張り

面食いな男性の中には、きれいな女性と一緒に歩きたい。見栄えの悪い女性とは無理などといった考えを持った男性がいます。彼らは周囲の目を必要以上に気にしていて、周りからどう思われているかいつも考えています。

世間一般の美の基準をクリアした女性と一緒にいないと周りからバカにされるのではないか、ダメな男だと思われるのではないかと考えて、見栄えの良い女性にばかり近づいていくのです。

そういった男性は見栄っ張りなことが多く、自分を自身の能力以上の人間に見せることに全力を注いでいます。格好をつけたり、自分がよく見えることが何よりもの優先事項で、他人のことは二の次といった態度をとったりするので、周りの人が自然に本人から離れていったりもします。

見栄っ張りの男性は、彼女に対しても見栄を張ったり、自慢ばかりしていて一緒にいて女性は最初は相手のことをすごい人なのかと考えても、段々と疲れてしまうことでしょう。

完璧主義

面食いな男性の中には、女性に完璧を求め、顔やスタイルなど自分の基準に達していないとそれだけで女性として価値がないと考える人もいます。彼らの中には確固たるゆるぎない価値観があり、それに反する人は女性とは認められないのです。

彼らは自分自身にも厳しく、自分のスタイルや仕事、趣味などにも全力を注いで熱心に行っていることが多く、一見すると頑張り屋で、成果も出しているステキな人にみえるのですが、長く一緒にいるとその完璧主義っぷりが窮屈だと感じられるようになります。

人にも自分にも厳しい人のため、彼女のすることなすことに文句をつけたり、注意をしたりして、自分の思い通りにならないと癇癪を起こしたり、怒り出したりします。そのため、一緒にいると彼女の方が萎縮してしまって、彼の機嫌を伺ったり、彼の機嫌を損ねるようなことをしないようにビクビクと過ごす羽目になります。

また、そういった男性は女性の加齢による変化も受け入れ難く、パートナーの女性が年老いていくことに対して、相手の女性をなじったり、けなしたりします。こういった男性と長く一緒にいることの難しさもそこらへんにあるのです。

結局、面食い男性は自己中?

すべての面食い男性が自己中心的というわけではないのですが、女性を顔で判断する男性の中には、女性をもののようにしか思っておらず、相手の女性のことを考えていない男性が一定数含まれているようです。

そういった男性と一緒になると、女性は相手の男性の価値観に振り回されることになります。彼らは恋人のことを一人の人間として尊重するというよりは自分を彩る飾りのように扱います。

恋人がきれいで本人の言うことを聞いてくれているうちは、男性はその女性を大事にするかもしれませんが、一度気に食わないことや自分の意にそぐわないことがあると女性を攻撃することが多いのもこういった男性の特徴です。

いかがだったでしょうか? 面食い男性の心理には、様々なものがありますが、表面的にしか女性を見ていないという点は共通するものがあることでしょう。そのように女性を見る男性に女性は振り回されることが多く、付き合っていても疲れ果ててしまうだけです。極度に面食いな男性には注意してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です