【相手視点】男性から告白するときのベストなタイミングはいつ!?

Pocket
LINEで送る

告白のタイミングを逃す男性
 
「どうしても告白したい」「自分の思いが抑えられない」
 
こんな感じで相手のことを深く理解しない、タイミングも考えないまま、自分の熱い思いだけで告白をして成功する勝機はあるのでしょうか。おそらく結果は・・・
 
 
ごめんなさい
 
 
99%この返事が返ってくると思います。何故ならすべて「自分目線」での行動基準になっているからです。
 
せっかく何回か会うことが出来て、仲良くなれてきた矢先に今まで積み上げてきたものが崩壊する・・
 
こんなことにならないように、気を付けるべき告白のタイミングをまとめてみました。

スポンサーリンク

大好きになった女性へ「告白」するときの注意点

 盛り上がっている自分の気持ちを抑えられなくなるのは良く分かります。それが恋愛であり、自分の理性がコントロール出来ないことが常、不安と期待が織り交ざるモヤモヤした日常を打破したく、結果を求める行動を起こしてしまいそうになります。
 
「告白する時はどんな言葉が有効かな?」、「やっぱり夜景が見えるオシャレな場所で告白しよう!!」
 
こんな感じでプランを練ったりするんじゃないでしょうか。
 
 
残念なことを言いますが、女性の答えって実は9割方決まっています
 
 
あなたが1週間掛けて必死に練ったプランがあったとしても、その必死に考えたプラン
 
「ランチは◯◯で食べて、その後映画に行って、それから夜になったらディナー食べて、最後はバーに行って、きれいな夜景が見えるとっておきの場所で・・・」
 
この自分で組み上げたプランで彼女が感動し、結果付き合うことが出来ると考えているのなら、あなたは成功することが出来ないでしょう。
 
何よりも、好きな女性に自分が恋愛対象と見られているか?
 
ここが一番重要だからです。
 
 
どんな気の利いた言葉で告白しても、オシャレな場所に連れていっても彼女の返事は「ごめんなさい」になります。
 
簡単な話、自分に置き換えて考えてみれば分かることです。自分が女性だったとして恋愛対象として考えてない男からいくら美味しいごはんや、オシャレな場所に連れていかれても、「ただでごはん食べれてラッキーくらいにしか思わなくないですか?
 
あなたが彼女に告白する前に、もう結果は決まってる。そして、彼女の返事はあなたの告白の仕方・場所・時間で左右されることは99%ない
 
だって元々恋愛対象じゃないから。
 
 
残酷な話に聞こえますが、あなたが一生懸命に考えた告白プランが成功しないのは、告白の仕方が悪いのではなく、「告白するタイミング」をきちんと理解せず行動しているからです。
 
こう言うと勘違いしてしまう人が必ず出てくるんですが
 
「そういうことか! タイミングを間違えなければ成功するんだ!!」
 
はっきり言うとそれだけで成功することはありません。断片的な理解で成功するほど簡単ではないです。

スポンサーリンク

会った回数・時間は重要ではない

よく勘違いされがちなのが知り合ってからの「時間」に関してではないでしょうか。
時間の経過により、判断基準を設けようとする人がいますが、これは間違いです。
 
「出会ってからもうすぐ2か月、そろそろOKかな?」「デートは何回目で告白するのが良いのか?3回目くらい?」
 
この時間を判断基準に行動することは「告白」の成功確率を著しく下げることにしかなりません。
何を基準に時間の経過(◯ヵ月、3回)でタイミングを判断するんだろう?
 
そんなものは、出会って初デートでも告白して良い場合もあれば、10回目だってダメなこともある
 
「時間」を基準に判断している人は、自分の思考を完全に切替て下さい。自分基準で動いている限り、成功する確率を上げることは出来ないからです。
 
ここで重要なのは、視点を女性側に切り替えて考えること
 
重要なのでもう一度言います。視点を女性側に切り替えて考えて下さい。具体的に言うと、『あなたが好きな女性にどう思われているフェーズかを考えること』が告白を成功させるキーになります。
 
頭をフル回転させて下さいね。
 

客観的に自分の立ち位置を考える

 自分の立ち位置を冷静に考えてみて下さい。
 
あなたが休日に好きな女性を遊びに誘いました。
 
好きな女性があなたのことを「まーこの人となら二人きりでも問題ないかと思われている段階であれば、場所や時間などまったく関係なく、どんな誘い方でも女性はOKを出すでしょう。
 
逆に、あなたが好きな女性に「まだこの人と二人で出かけるのは無理かなと思われているのであれば、3ヵ月経っていようが、2年経っていようが、誘いに応じることは0でしょう。
 
告白で成功するタイミングは、要は「女性にどう見られているか」という部分に尽きるのです。
 
だから手段は二の次で、会った回数や場所とかは、はっきり言って何の関係もありません。
もちろん、目安として考える分には構いませんが、絶対値としてみることはNGです。
 
うまくいかない男性に共通する部分として、結論を急ぎすぎてしまうことがあります。タイミングを考えず、すべて自分目線で行動。
 
「自分の高鳴る気持ちを伝えたい、知ってほしい」いう自分の気持ちを最優先して行動する。
 
告白することを決め、後は方法を考える。
 
 
どんな場所で言葉で告白すれば断られないか
 
 
のみに焦点が当たってしまい、当てになるかも分からないネットの情報や、友人のアドバイスを参考にしながら、いざ行動するも理性が利か無い状況も重なり、無謀なタイミングで告白
 
結果  →  「友達としか見れない」、「ごめんなさい」
 
玉砕・・・
 
 
断られるでけならまだいいですが、この日をきっかけに関係がギクシャクするのは目に見えてます。追い打ちをかけられるかのように、好きだった女性に避けられる。
 
こんな結末はあまりにも悲しすぎませんか?
 
恋は盲目なんて言われるように、気持ちをコントロール出来ない状態だと冷静な判断が出来ないのは理解します。
 
そんなときでも、「相手が自分をどう見ている時期なのか?」このタイミングを良く捉えて行動に移すよう心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

タイミングを見極めることが難しいと考える方達へ言いたいことは、デートで行く場所はどこにしようか?告白するのに時間や回数はどのくらいがいいのだろうか?
 
タイミングでなんとかしようと思う人もこれと同じ。
 
女性に受け入れてもらえない可能性が高いタイミングで、勇気や度胸で切り抜けようと思わないこと。
 
なんとか勇気を出して告白から大満足!! なんて思える人はいないでしょう。
 
「いや、自分は気持ちを伝えることができれば満足だからいいんです」なんて言ってるそばから、いざ好きな女性に断られると諦めきれないものなんですよ。
 
一時の感情で告白することは避けてください。
 
告白は賭けではありません。どんなに好きな人に夢中になっていたとしても、冷静に現状把握を行いましょう。
 
あなたが好きな相手が受け入れる土俵が出来てない時点で、告白するタイミングとしては時期尚早と理解しましょう。
 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です