喧嘩別れの冷却期間はどのくらい?彼氏に歩み寄るべきなのか

Pocket
LINEで送る

恋愛というのは、幸せな瞬間もあるけれど、すべてがそううまくいくとは限らないものです。

ささいなことで彼と喧嘩になり、あとに引けなくなって、

「もう別れる!」

と口走ってしまうことも……。

彼からも「こっちこそ、せいせいするよ!」と返されてしまい、本当はそんな気はまったくなかったのに、別れることに……。

そして、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔してもしたりない、という結果になることも。

時間を巻き戻すことができたら、絶対にあんなこと言わないのに。

そう悔やむくらいなら、彼を取り戻す方法を考えましょう。

喧嘩別れのあと、どれくらい冷却期間をおけば彼にまた連絡してもいいものでしょうか?

どうやって復縁を切り出せばいいのでしょう?

今回は、喧嘩別れのあと彼と仲直りする方法について、考えて生きたいと思います。

スポンサーリンク

喧嘩別れした彼と復縁したいなら……とるべき3ステップ

冷却期間は1~2週間が目安

小さな揉め事が、あれよあれよという間に大きな喧嘩に発展し、売り文句に買い文句で、本当はそんな気はなかったのに、

「もういい!別れる!」

と口走ってしまった場合、冷却期間をあまりにも長くおいてしまうと、復縁が難しくなってしまいます。

言ってしまったあとにひどく後悔したり、これからも彼と一緒にいたいと思うのであれば、長くとも1~2週間くらいで関係修復を図ったほうがいいでしょう。

連絡をとらない期間をあまりにも長く開けてしまうと、

「あの別れ文句は本気だったんだ」

と彼に受け取られてしまいます。

1か月も2か月もあとに復縁を望んでも、「何を今更いってるんだ!」と思われるかもしれません。

だからといって、1、2日程度だと、お互いにまだ怒りの感情が残っていたり、気持ちが整理できておらず、意固地になってしまったりする可能性があります。

第二の喧嘩に発展しかねません。

お互いに気持ちの整理がつき、怒りがおさまって、相手がそばにいないことへの寂しさが迫ってきたころが狙い目です。

冷却期間中なSNSなど控えめに

彼を冷却期間をおくときは、彼との連絡を絶つことです。

また、SNSなども極力控えます。

とくに、怒りにまかせて、彼への愚痴や喧嘩をしたことなど、SNSで友人間に拡散することなどないようにしてください。

あなたが彼と会わない日々をどのように過ごしているのかについても、なるべく情報を流さないようにしましょう。

別れた彼女のことを男性は気にするものです。

別れた直後なら尚更です。

しかし、連絡はとれず、SNSでも情報が流れてこないとなれば、何をしているのか気になって仕方がなくなるはず。

あなたのことが気になっている、という状況を彼のなかに作り出すことが、この方法の目的なのです。

会いやすくなる理由を用意する

では、冷却期間をおいたあと、いざ彼に会うために連絡をとるとき、一体なんと伝えればいいのでしょう?

「もう一度会いたい」

「やっぱり好き」

という気持ちを素直に伝えて会う約束を取り付けるのも一つの方法です。

しかし、そうすることで逆に彼が構えてしまったり、「やっぱりオレが好きなのか」と変に自信を持たせすぎてしまうと、いざ会っても話がこじれるかもしれません。

まずは無難なところから、

「渡したいものがあるんだけど、会えない?」

「貸していたアレ、急に必要になったから返してもらいたい」

といった、彼がすんなり「わかった」と言いやすい誘いをかけてみるのがいいかもしれません。

もちろん、あくまで友好的に、前向きに。

また急なお願いをすることに対しての申し訳無さを匂わせたり、相手の都合に合わせるといった柔軟な対応を見せることも大切です。

彼にとって、あなたに会いに行きやすい状況を用意してあげることです。

スポンサーリンク

もう一度惚れさせてやる、くらいの気持ちで挑む

喧嘩別れのあと、冷却期間をおいて彼に会うことになったなら、腕によりをかけて自分を磨き上げ、以前のあなたよりずっと魅力的になったように、彼に見せかけてください。

もう一度、惚れさせてやる。

そのくらいの気概が必要です。

喧嘩をして、別れた。

そういう前提があると、男はなかなか素直になれなかったり、意地を張りたくなったりしがちです。

そういう男心を飛び越えてでも、あなたと復縁したい。

そのくらいの魅力を見せつける必要があります。

同時に、彼に対して誠実で、彼の気持ちを思いやり、気遣っていることを十分に知らしめてください。

彼にとって居心地のいい空間を演出し、あなたの一緒にいとやっぱり心地良いと、改めて気付かせることが大切です。

ズバリ切り出さない

いざ会ったとき、

「やっぱり復縁したい」

なんてはじめからズバッと切り出さないことです。

はやる気持ちはわかりますが、まずは当たり障りのないことから話ましょう。

最近どうしていたのか。

どこか行ったか。何をしていたのか。

なるべく楽しく、笑顔で話せるような話題を選んでいきましょう。

彼の笑顔を引き出すことが肝心です。

お互いに気持ちもほぐれ、以前のように笑いあえるようになったら、それ以上言葉は必要ないかもしれません。

もし確かな合意がほしいなら、

「あなたがいないと寂しい」

「これからも、ずっと一緒にいたい」

と伝えてみましょう。

喧嘩のことは蒸し返さない

このとき決してやってはいけないのは、別れの原因となった喧嘩について、話を蒸し返すことです。

「あのとき、あなたこう言ったでしょう。それはない」

「お前だって、ああ言っただろう」

と喧嘩が再燃しかねません。

どちらが正しかったのか、間違いだったのか、そんなことはもうどうでもいいはず。

今は、過去のことにこだわるときではありません。

すべて水に流してしまいましょう。

いずれ、笑い話になります。

あなたにとって一番大切なことは何かを常に考えて

以上、喧嘩別れした彼と復縁する方法について考えてみました。

とにかく、どちらが悪かったのか、なんて言い始めたら、復縁することなどできません。

これからの二人のことを考えて、自分にとって一番大事なことは何かを考えて、彼に寄り添い行動しましょう。

こちらが折れるとか、謝ったら負けだとか、考えないこと。

彼と笑顔で一緒にいることが自分にとって一番の幸せだと思うのであれば、それを未来に実現するために、できることをするだけです。

ちなみに、あなたに彼と復縁したいという思いがあって、彼の方から、

「自分が悪かった」

「もう一度、会って話がしたい」

というアプローチがあったなら、邪険にすることなく受け入れたげることで、よりスムーズに幸せな関係を取り戻せるはずです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です