ガン見されて怖い・・・男性心理にあるのは好意?それとも・・・?

Pocket
LINEで送る

男性とすれ違いざまにチラリと目があったり、ふとしたときにこちらを見ていた同僚と目があったりして、ドキッとすることはありませんか。

ロマンスのはじまりを感じる一瞬ですよね。

でも、すれ違いざまに目があった男性が、目をそらすことなく、そのまままじまじとあなたを見つめてきたらどうでしょう?

気がつくと、いつもいつも同僚があなたをガン見していたとしたら・・・?

ちょっと気になってしまいますよね。

その視線は、好意的なものなのでしょうか?

それとも他に、何らかの意図がある視線なのでしょうか?

そこで今回は、ガン見してくる男性の深層心理を解き明かしてみたいと思います。

スポンサーリンク

やたらとあなたを見てくる男性の心理3つのパターン

見惚れている

男性が女性をガン見するのは、基本的にその女性に対して何かしらの興味があるからと考えて間違いないでしょう。

ただし、その「興味」がどんなものかを吟味する必要があります。

まずは、あなたとあなたをガン見している男性との関係性と、その表情に注目して考えてみましょう。

たとえば、まったく見知らぬ男性が、ぽかんと口を開けて驚いたようにあなたに注目していたら、きっとあなたに見惚れてしまったのです。

また、あなたの脚を舐め上げるようにして見たり、あなたの体のパーツのどこか・・・要するに、胸や腰回りに注目しているようなら、明らかに下心からあなたを見ています。

少し不快に感じるかもしれませんが、つまりは、あなたがとても魅力的で、男性は目を向けずにはいられなかったということです。

好きな人は見ていたくなる男性心理

好きな人が目の前にいると、恥ずかしくてまともに見られない…というのは、女性心理としてはよくありがちですが、実は男性の中には、これに当てはまらない人も少なからずいます。

好きすぎて、彼女を見ずにはいられないのです。

男性にとっては、女性の見た目というのは、好意に直結する重要なファクターの1つであり、好きな女性に視線は吸い寄せられていきます。

ここでもしあなたが彼を見つめ返したら?

その男性はあなたにも自分への好意があると信じるかもしれません。

視線を返すか、そらすかはあなた次第です。

何かきっかけがほしいと思っている

誰かの視線を感じて、そちらに目を向けたら、あなたのことを男性がじっと見つめていたとします。

彼があなたの視線を正面から受けて、にっこり微笑んだり、手をあげて合図をしてきたりしたら、その男性は、あなたに興味津々です。

実にわかりやすいですよね。

逆に、あなたが気付いても何もアクションは起こさないけれど、真顔でガン見し続けてきたらどうでしょう?

ちょっと居心地悪くなってしまいますが、男性には悪気がないのかもしれません。

こういう場合は、男性があなたに声をかけるタイミングを伺っていたり、あなたとコンタクトをとるきっかけを探していた可能性があります。

きっと奥手で、自分に自信がないタイプの男性なのでしょう。

あなたへの興味を示しつつも、自分からはきっかけが作れなくて、ただひたすら見つめることしかできないでいるようです。

スポンサーリンク

あなたを心配しているのかも

また、もし同僚や友人などが、あなたをガン見している視線を感じたとしたら、それはあなたを心配し、気遣う視線である可能性があります。

上司にひどく叱責を受けたあとや、友人とトラブルになったときに、どこからかあなたを見つめている知人の視線にかち合ったとしたら、その可能性が高いでしょう。

声をかけたいけれど、なんて言ってあげたらいいのか。

できることがあれば、力になるよ。

そんな気持ちが込められた視線のはずです。

誰が、どんなシーンであなたをガン見してくるかで、その意味が変わってきます。

下心ばかりでなく、あなたを気遣う視線の場合もあるので、きちんと見極めたいところです。

何かを気付かせようとしている

男性のガン見してくる視線に気付いたとき、その人がちょっと小首をかしげてみたり、よりまじまじと何かを確認するように見られたり、困ったような顔をされたりしたときは、要注意です。

彼はあなたに何かを気付かせようとしている可能性があります。それは好意とか下心ではなく現在のあなたにまつわる何かです。

顔に何かついているとか、服装が乱れているとか、ちょっとセクシー過ぎるとか、空気を読まない発言をしてしまったとか、何らかの振る舞いが周りに迷惑をかけているとか…。

つまりは、あなたにとってあまり良くない何かに、彼は気付かせようとしているのかもしれません。

「あれ、口紅すっごいはみ出てないか…?」

「どうして上司に、あんな失礼なことが平気で言えるんだ?」

「貧乏ゆすりがうるさいなあ」

彼はあなたに直接は言いにくい言葉を、ぐっと飲み込み、視線でそれに気付かせようとしている可能性があります。

「もしかしたら」と自分チェックをしてみよう

このケースの場合は、あなたが視線に気がついたとき、相手は比較的早めに目をそらす可能性が高いでしょう。

ガン見されてはいたけれど、こちらが気付くと、「おっと」という感じで、しらーっと目をそらされるようであれば、とりあえず鏡の前に立って自分を眺めてみることをおすすめします。

どこかしら、おかしなことになっているかもしれません。

ガン見の視線に含まれるのは好意だけではないかも

男性からの熱い視線を感じたら、そこに彼自身の好意が含まれている可能性が多いにありますが、そうでない場合もあります。

何かおかしなところを教えようとしていたり、あなたの態度を批判的に見ていたり、もしくは下心いっぱいで眺めているだけだったりするかもしれないのです。

あまりいい方向にばかり捉えすぎずにおきましょう。

それに、好意からの視線だったとしても、気のない相手にまでいい顔をしてしまうと、変な勘違いをされかねません。

ガン見してくる男性の視線には基本的にスルーで対応し、あなた自身も気になる男性の視線だけを受け止めるようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です