甘え上手な女性ほど男に尽くさせ、好きにさせる?!

Pocket
LINEで送る

甘え上手な女性が読書をしている光景

好意を寄せる男性に対して、普段のあなたはどのように接していますか?

頭の中は彼のことばかり考えて、どうしたら喜んで貰えるかとか、どうやったらもっと親密な関係になれるか、頭はそのことで一杯だと思います。

あなたは、自分に矢印を向けたくて好意を寄せる彼に、色々と尽くしたりしているかもしれません。

この男に尽くしてしまう行為自体が、実は逆効果になってる場合があります。

恋愛心理学的に見た場合、好意を寄せる男性にあなたのことを好きになってもらいたかったら、あなたに尽くさせないといけないのです。

普通に考えれば「はぁ?」と言われてしまいそうですね。好きなのは自分なのに、彼に尽くさせるってどうやんのさ?

チョット変な事を言ってるように聞こえますが、相手男性に好意を持ってもらいたいときに、どうして好きな彼から尽くさせることであなたに好意を抱くようになるのか?

今日は内容も短いのでサクッと紹介していきますね。

スポンサーリンク

尽くさせることが自分を好きになってもらえる近道

男性に尽くさせることが自分を好きになってもらえる最善の道だとしたときに、具体的にどういう過程で男性はあなたのことを好きになってしまうのでしょうか。

これを具体的な事例で紹介していきます。

心理学の中で「認知的不協和理論」というものがあります。

知識の矛盾状態における行動の傾向について、フェスティンガーが展開した理論。 信念・意見・態度などを含む我々の知識を<認知要素>と呼ぶ。 自分の中にあった<認知要素>と、新たに与えられた<認知要素>の情報が矛盾する状態が<認知的不協和>である。 人はこの状態を不快に感じ、この矛盾を解消しようとする。 by wikipedia

私はこれを見た時に漢字が多過ぎて、まったく内容が理解出来ませんでした。
ただ、以下の具体例を示してもらった時に「なるほど!」と腹に落ちたのです。

あなたは、親友と呼べる間柄の友人に挨拶をしました。でも、その親友は何も返答なしに過ぎ去ってしまいました。

あなたからすれば、その人が親友だという強い思いがあります。でも、挨拶をしたのに返さないで立ち去ったという事実は矛盾しますよね

ここであなたは、どのような態度をとるでしょう。

あれだけ一緒の時間を過ごしたのに、こんな態度をされるなんてもう絶交だ!!

なんて考えにはならず、「気付かなかったんだな、多分・・・私の声が小さくて聞こえなかったかと考えるんではないでしょうか。

これが苦手な人や嫌いな人だったら、「私を無視するなんて!!」と怒りが湧いて来たのでは無いかと思います。

人間は不協和が高くならないように情報を解釈する傾向があります自分の考えに合うように、限りなく都合が良い方向に解釈する傾向があるのです。

タバコに置き換えることも出来ますね。

タバコを吸っている事実と、タバコに害があるという知識。

この二つには矛盾があり、これを知りながら喫煙を続けるのは気持ち的には落ち着きません。
思いや行動に矛盾があると心の中には不協和が起こります。

この不協和の状態が気持ち悪いので、その状態を解消しようと試みます。

でも、タバコを止めるのは大変なのでタバコには害が無いと解釈をすり替えてしまうのです。

これは恋愛時にも同様です。

好きになった相手には、何かしら尽くしたいという感情が湧き上がるのが、普通では無いでしょうか。

要は相手のために何かをするということは、相手に好意を持っているのと同じことなのです。

なので、好きな男性がいるのであれば甘えない手はないのです。躊躇することなく甘えまくって、自分のために色々としてもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

色々とあなたの要求に応えていくうちに、男性心理としてはどんなことを考えるようになるのか。

「何とも思って無かったのに、なんで色々と手を貸してしまうんだろう?そうか、あの子が好きだったんだ」と勝手に解釈が変わっているはずです。

あなたの甘えから始まったことが、気が付けばあなたに尽くすようになる。結果として、あなたの事が好きになってしまうんです。

あれこれと悩む暇があるのであれば、好きな彼にいっぱい甘えてしまいましょう。気付いたときに彼は、あなた無しではいられなくなってるかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です