恋愛心理学におけるメールやLINEで男心を完全掌握するためには?

Pocket
LINEで送る

スマホで男心を掴んで離さない女性

昔と異なり男女の恋愛方法も多岐に渡る選択肢がある時代になりました。

インターネット・スマートフォンの爆発的な普及により、メールやLINEといったコミュニケーションツールが主流となり直接会わない時間の使い方が恋愛の正否を分けると言っても過言ではないでしょう。

特に中高生位の男女においては、直接会うことよりもメールやLINEでのやり取りの方が長いと感じます。

メール・LINEと同様にフェイスブックなどのソーシャルメディアを活用して、出会いを実らせ結婚するケースも珍しいものでは無くなってきました。

現代はこのコミュニケーションツールを上手く使いこなせた人程、恋愛が上手く行くと言い切ってしまえると思います。

今回は恋愛心理学に基づき、メールの内容から男性心理を紐解いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

メールに現れる男性の本心

メール・LINEなどのコミュニケーションツールは、相手と直接面と向かって話す訳では無いため、相手の表情や仕草が分からず内容を判別しにくいことが特徴として挙げられます。

直接会わない状態だからこそ、本音が分かりやすいとも言えるのです。特に男性の場合は、女性と異なりメールやLINEはあくまで連絡手段の一つでしかありません。

その男性から、特に用事が無いときに連絡が来るということは、あなたに興味を示している可能性が非常に高いと言えるでしょう。

逆に女性からのメッセージ内容が短文だったり絵文字・スタンプが無い場合には、手抜きメールの可能性が高いため、脈無しと判断することが多いでしょう。

返信が来ればまだマシな方で後回しにされた挙句にシカトされてしまうことも良くあることですね。

なんでも無いような内容から、徐々に確信に迫って行く傾向が高いのが男性の特徴かもしれません

そもそも連絡を取ってきてる訳ですから、デートに誘いたい、遊びに行きたい、せめて一緒にランチしたいなど、何かしら男性の思惑があるはずです。

男女ともに連絡が絶え間なく続けられる関係であれば、最後は実際に会ってみてのフィーリングの感触を判断するのみ。

最終的に会って判断するだけですね。

男性を落とすメール術

わざと返信を遅らせる

好意を寄せる相手からメール・LINEなどのメッセージが来れば、誰でも嬉しいのは当たり前ですね。

ここで間違いを起こして直ぐに返信しては行けません。

理由はいくつもありますが、相手にプレッシャーと受け取られ兼ねないからです。

直ぐに返信することで相手からは「オレに興味があるんだな」という事がバレてしまう可能性も有りますし、何度もメールを送ることで面倒な相手とも思われかねない。

そもそも、男性は会話の話題作りや話を広げていく事が苦手な人が多いです。

基本的に面倒くさがりな男性に何度もメッセージを送るのは効果的ではありません。自分のペースで進めたいというのが男性の心理にあるのです。

相手に連絡がある事が当たり前と思われないようにしましょう

お互いに当たり前に連絡を取るような中になったのであれば、それ以降は送る頻度を調整していきましょう。

適度に相手に不安な気持ちを与えることが必要なのです。

今まで当たり前にメールが来ることを習慣だと思っていた男性は嫌われてしまったのかと不安で疑心暗鬼な状態に陥ることでしょう。

この状態が酷くなると、一日中その女性の事だけを考えてしまうようになります

恋愛の駆け引きの上手い女性というのは、この辺の男性心理を突いてくるのが上手いとも言い換える事が出来るでしょう。

半ば精神的に骨抜きにされた男性は、返信が来ない間に不安な気持ちとともに、勝手に妄想の中でその女性への好意の気持ちが膨らんでいってしまうのです。

終始明るい言葉を使う

モテる女性に共通して言える事は、メールやLINEのメッセージでも、終始ポジティブな言葉を使っていることに気付きます。

たまに愚痴をこぼす位なら大して気にもとめませんが、メッセージ内容にまでそんな内容を送られてきたら、男性側も暗い気持ちになってメール自体が楽しく無くなるでしょう

「一緒にいても、いつもネガティヴな話ばかりだな」

そんな気持ちにしかならないので、あなたに好意を抱くなんてことにはなりません。くだらない内容でもいいので、明るい話題を話すように心掛けましょう。

一緒にいて楽しい気持ちにさせてくれる相手に、嫌いになる理由が見つかりません。好意を抱くまでにならないかもしれませんが、確実に男性に良い印象を与えることは出来ます。

話の成行き次第では、十分に可能性は残されているのでまずは明るいイメージを男性に植え付けるためにも、楽しくなれるような言葉をかけることに集中してみて下さい。

スポンサーリンク

絵文字やスタンプを多用する

単純なのが男性の良いところでもありますが、メールやLINEなどでメッセージを送る際には、適度に絵文字やスタンプを使うようにしましょう。

大して中が良くなってない相手に対して、絵文字やスタンプを使うことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、男性側の視点で見ると、これ程効果的なものも中々みつかりません。

それ位、絵文字やスタンプには男性心をくすぐる効果があるのです。

ただの文章だけでも気持ちは伝わらないことは無いですが、装飾が施されている方が見やすいのと、受ける印象もまったく異なります。

男性はそれだけで恋心を抱いてしまう人もいるくらい単純なんです

下の名前や愛称で呼ぶ

相手に自分を印象づける方法としては、相手の名前をメッセージに入れる事が効果的です。

さすがに何度も連呼すると効果が薄まるどころか、逆効果になりかねませんので注意して下さい。

なぜ相手の名前を入れてメッセージを送るのかは、心理学的にも実証されているからです。

その効果は、相手と親密になりやすくなる効果があり、時として自分のことを名前や愛称で呼んでくれる人を好きになる傾向があるのです。

それを繰り返していく事で、徐々に相手男性もあなたを愛称か名前でメッセージを返してきてくれるかもしれません。

愛称や名前で返信が来るようになれば、かなり親密度は高くなってますので彼と付き合うまで後一押しのところと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

メールやLINEを途切れさせないためにも、適度に?を付けるような疑問文で終わらせることを忘れないように。重要なのは適度に質問をするという事です。

あまりに質問攻めにすることで、相手もさすがにウンザリしてしまうことも多いです。

メールやメッセージで聞く内容としても、あまりに深く突っ込んだ内容にするのは避けましょう。

メールやLINEだけで連絡を取りすぎると、実際に会った際に話題が尽きて話が弾まず沈黙の連続なんて事にもなり兼ねません。

確信に触れる部分については、相手と実際に会うまで取っておきましょう。あくまで面と向かって会うためのツールでしかありません。

コミュニケーションを取ることが目的にならないように気をつけましょう。

あなたがメールやLINEで相手と連絡を取る理由は、親密度を増して実際にデートにこぎつけることが最終的な目的なのですから。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です