【ファッションセンス診断】 イケてない男に共通する服装とは?

Pocket
LINEで送る

洋服のサイズが合わない男

モテる男になるためには、ある程度のファッションセンスも必要になるでしょう。

特に若い男性であれば、この傾向は強いと思います。

それに外見が変わることで自分に自信を持つことができ、まったく別人かと思う程に変化が現れる人も多いです。

まずは、自分の立ち位置がどんな場所にいるのか、冷静に分析をしましょう。

『オシャレな俺には関係ない』

と思っているあなたこそが、痛い存在になっているかもしれません。ファッションセンスを診断する際に、男のどの部分がイケてないのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

サイズが合ってない服を着る

「サイズはSを買っておけば間違いない」

そう思って試着もせずに洋服を買ってはいませんか?体形は年を重ねるごとに変化していきます。いつまでもSサイズという訳ではないのです。

体形に変化が無かったとしても、そのブランド毎にサイズ感はまったくことなるため、試着しないと似合っているか分かりません。

安易にいつも着ているサイズだからと試着せずに買うのは止めましょう。これはインターネット通販で購入することも同様です。

ブランドによって、着丈が長い、肩幅が広い、腿周りがタイトなど特徴も様々です。

体形に合ってないサイズの服を選ぶのは避けましょう。だらしなく見えるだけです。

モテることを意識しすぎている

お店のマネキンそのままのコーディネートだったりする男もダメですね。雑誌に載っているものをそのまま丸パクリもNGです。

なぜなら、その恰好が本当にあなたに似合っているかは分からないからです。

「これ○○のブランドなんだ」「これはデッドストックの・・・」

自分のこだわりを持つことは確かに重要な部分ですが、それが似合っているかはまた別の話です。

自分の体形をよく理解し、その体型に似合う洋服を選ぶようにすることがモテることへの近道です。

オタクスタイル

近年は、オタクの人たちの服装も洗練されてきました。

それでも、第一印象として「こりゃまずい」と思う人は少なからず存在します。

その典型が、見たことも無いブランドのリュックやウエストポーチだったり、流行っているからとクラッチバッグを持つのも安易な考えです。

それが自分らしさと言われればそれまでですが、モテたいということを前提に話を進める場合には、もう少しTPOを考えましょう。

初めから自分の価値観を相手に押し付けるのではなく、徐々に自分の素を見せて行っても遅くはないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

全身ユニクロ

10年前と比較して、最近のユニクロのデザイン性は確かに目を見張るものがあります。価格の割に、素材も良くなってるし、ラインもキレイなものが多くなってきました。

一見してユニクロと判断が付くものは少ない位に洗練されてきてるのも事実です。でもトータルコーディネートをユニクロ統一で安易に済ませてはいけません。

私が思うユニクロの使い道というのは、あくまでワンポイントで使うことが前提です。

どこか一箇所でさりげなく使う

これがポイントだと思います。あくまでTVCMや、雑誌に載っているのはモデルが着ているということを改めて認識し直しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

一番手っ取り早く自分を変えたいのであれば、ファッションセンスを磨くこと、そして実際に自分に取り入れて行くことが一番です。

まずは、自分のファッションセンスを診断してもらいましょう。身近な家族からでも構いません。

率直な意見を聞きながら、何が自分に一番似合うのかを考えていくのです。

ある程度お金に余裕があるのであれば、安い物から、高いものまで一通り買ってみるのもいいかもしれません。

まずは、自分で経験をすること。

初めはダサくても、この繰り返しでしか似合う服、好きな服には巡り合えないですし、ファッションセンスが上がることも無いのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です