【男性心理学メール・LINE③】女性の恋愛心理を巧みに利用する

Pocket
LINEで送る

自信に溢れる男性

LINEやメールなどのツールを使い女性を落とす方法を過去2回に渡って見て来ました。

女性心理を見ながら、自分の思いを率直に伝えていきましょう。判断に迷いが起きることもありますが、まずは失敗しましょう。

失敗しないと学習もしません。多くの失敗から学習し、それが女性に対する余裕という態度に表れるのです。

今日もポイントを絞りながら、メール・LINEでの有効な進め方をご案内いたします。

スポンサーリンク

微妙な感情を利用する

メッセージを送ったのに返信が無い、既読スルーなど好意を抱く相手からこのような態度を受けると腹が立つのと同時に、物凄い不安になります。

男女の恋愛において、重要なのは不安と安心のバランスに他ならないでしょう。

既読済でシカとされてると思われたりすると、相手への心象が良くありませんので予め、自分はマイペースだと相手に伝えておきましょう。

相手に一言伝えておくだけで、相手は返信が遅くても安心出来ます。

これは、相手に安心感を与えるだけでなく、時間的プレッシャーから解放させている点も含まれているのです。

無意識にメッセージにすぐ返信しないといけない、そう思わせることなく自分のペースで返信出来るので、女性としては無駄なプレッシャーを受けません。

むしろ、この関係に居心地の良さを感じてもらえるかもしれないです。

そして、女性があなたのマイペースにハマって来れば、「次はいつ返信がくるのか?」

これが気になってくるのです。無意識にあなたを意識せざる負えません。

だんだんと、あなたの返信を待ち望む姿勢になってきた相手の女性は、あなたからの返信によって相手が勝手に意識しだしてくるのです。

相手の女性を気遣う

女性は生理前2週間は、非常に体調変化に敏感な時期なのです。これは普段あまり落差が無い人でも内外面で感情の起伏が激しくなります。

落差の大きい人にとっては、将来を悲観したり、やたらに絡んでくるなど喧嘩に発展することも多く、この時期に連絡するのは避けた方が良いです。

無理やりにコンタクトを取っても、良い印象を与えることは出来ず、結果まったく思った方向に行くことはありません。

この女性の心理は生理的なものなので、見極めを誤らないように気を付けて下さい。

ここは女性の体調に配慮し、あまりアプローチしないようにして下さい。

どうやって、体調の良し悪しを見極めるか?

相手のメッセージの文面、絵文字、スタンプから見極めて下さい。普段からマメに連絡をしている人は、その周期が分かるかもしれません。

相手に彼氏がいる場合

20代も中ごろになってくれば、まわりにいるフリーの女性は少なくなってきます。

特に見た目が美人な子やカワイイ子については、ほとんどが彼氏持ちか、フリーでもすぐに新しい彼氏が出来てしまいます。

だから諦めてしまうのか?

彼氏がいたとしても、その男性と最後までいくとは限りません。

種まきの気持ちを持って接することで、相手に自分の存在を頭の片隅にでもちらつかせて置ければ、今後の展開は変わってきます。

彼女の見方であるとアピールを続けながら、半年~1年のサイクルに渡りあなたの存在を植え付けていくことを続けて見てください。

ここで注意すべきは、相手に一切のプレッシャーを与えるような行動・言動をしてはいけません。

相手女性には「どんなことがあってもあなたの味方」と意識させておかなければいけないのです。

この状態を長く育てていくことで、彼氏と喧嘩したときがあったりすると、あなたが送ったメッセージの文面に惹かれてしまうことが起こるのです。

これは長期間に渡って、信頼関係を築けていることがもとより、『スリーパー効果』が表れていることを意味します。

スリーパー効果は、信憑性の低い人の説得効果が、時間が経つにつれて上がっていくという現象を指し、初めは何とも思わなかった人が、信頼を築いていく過程で相手に与える効果について具体的に示した事象です。

彼氏がいようが、大して関係ないので相手の事が好きで諦められないのであれば、種まきの意味も込めて継続してアプローチしていきましょう。

女性は、必要とされる人のところへ向かう傾向があります。

相手の深層心理にまで入り込めれば、あなたの思いが実を結ぶことも近いことでしょう。

スポンサーリンク

簡単に答えられる内容を心掛ける

メッセージを送るとき、何か聞きたい時には、とにかく簡単に答えられる内容に留めておけるようにします。

口実を作りたいのが男女の本音で、それがないと連絡が取り合えないのが男女の真理でもあるのでしょう。

男性は、交流のきっかけを女性に与えてあげましょう。

とにかく、イエスと言わせる内容の簡単なメッセージで始めることです。

相手のアドレス・IDを入手する時も、ストレートに好みのタイプという言葉よりは、女性としてもお近づきになれる間柄に持っていけるようにします。

特に同じ職場や、学校なのであればこれに当てはまるので問題ないです。

「元気?」「勉強、仕事頑張ってる?」

 他愛の無い近況報告でも良いでしょう。

まずは、相手女性に返答させる、イエスと言わせることがカギなのです。

物凄く低いハードルからスタートし、少しづつこちらの要求を上げていく。心理学でいうフット・イン・ザ・ドアという手法を言います。

まず小さな頼みごとを受けてもらってから、(本来の目的の)大きな頼みごとも受けてもらうということで、相手女性は断りづらくなるのです。

なので出来る限り肯定表現で話をするように、相手に言わせるような文言でメッセージしてみて下さい。

スナイパーのように相手の様子を伺いながら、タイミングを見計らって押し切りましょう。

自分の話はしない

男性女性で考えれば、弁が立つのは圧倒的に女性です。

女性は誰かと仲良くなりたいという欲求が強いがゆえに、根本的に話をしたい欲求を抱えています。

反対に男性は口下手な傾向が高く、何か理由が無いとうまく話せない傾向があります。

この男女の基本的な性格を理解していれば、男性はあまり自分の話をしない方が相手には良い効果がある。

これは何も話さないのが良いということではなく、自分の話をし過ぎることなく、女性にしゃべらせてあげるということです。

基本的に余程自分の理想を満たしていないほとんどの男性に対して、女性はまったく興味を持っていません。

そんな興味の無い男性の自慢話なんて聞いてる時間がもったいないのです。

モテる男性は得てして聞き上手なため、女性の欲求を満たしてくれるのです。

そんな男性のプライベートな会話に興味のない女性が、プライベートな話題を振ってくるということは、あなたに興味をしめしている証拠です。

かなり脈ありと見てもいいでしょう。

とにかく相手に語らせる、いつもの職場での愚痴でもよいし、不安を解消してあげましょう。

彼女に将来大きな夢をもっているようなら、その内容に最大の理解を示し応援してあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

メールやLINEを有効に活用することができれば、それだけで実際に会わなくとも交際するなんて言うのが珍しくない時代になりつつあります。

女性は情緒的な面が強いため、メールの文章でも男の本音や気持ちを感じ取ったり、喜怒哀楽の感情を示す生き物なのです。

女性を口説き落とす際に、このツールを有効に使いこなすことが出来れば、相手の心を虜にし、好きにさせてしまうことも出来るでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です