【男性心理学メール・LINE②】好きになった女性を落とす返し方は?

Pocket
LINEで送る

メール・LINEの達人

好意を寄せる女性のメールアドレスやLINEのIDを手に入れたら、嬉しくて意味もなく何度も連絡を取りたい衝動に駆られる方も多いと思います。

でも、手に入れた時点で少し冷静になることが必要です。

このようなツールは有効に使わないと全く意味が無いどころか、逆に嫌悪感を抱かれるだけです。

どのようなポイントに気を付けて進めて行くのがベストなのでしょうか?

スポンサーリンク

メールの送信頻度について

このような、コミュニケーションツールを使う際に重要なことは、「頻度」に注意しましょう。

当然、人によっては1日に何十通とメールやLINEのやり取りをする人もいるかもしれませんが、それは仲が良いことが前提なのは言うまでもありません。

相手の立場になって疲れさせない程度に留める事を心掛けましょう

あなたの目的は、やり取りを継続することではありません。

仲良くなりつつ、誘い出す事が目的なのを忘れてしまわないように・・・

じっくり時間を掛けないと誘いに乗らない女性の方が多いです。マメに連絡するのは当たり前として、送信頻度に注意をしましょう。

相手を疲れさせない目安は?

一般的に考えてメールの回数は1日1、2回で充分です。

相手女性もそんなに暇ではないでしょう。

あなたに興味を持った女性であれば話は別ですが、余程のことがない限りこの位の頻度に抑えるよう意識しましょう。

相手が比較的早いタイミングで返信してくると、嬉しさで直ぐに返したくなる衝動に襲われると思いますが控えて下さい。

文章のやりとりだけが先行し過ぎるとメール内容とギャップを生む要素になり得ます。

実際に会えたとしても、ギャップが悪い方向に行ってしまっていたら今までの苦労と時間が無駄になるだけです。

回数よりも質を重視するように心掛け、全てを見せてしまわないように・・・

あまりに回数を重ねることで、面倒な男という印象を与えないように気を付けて下さい。

スポンサーリンク

女性心理を突く

女性程、本音と建て前をうまく使い分けることが出来る生き物は他にいないでしょう。

「嫌だ嫌だも好きのうち」なんて言葉があるように、本心としては嫌いでないのに無意識的に嫌いと言ってる場合が多いです。

恋愛経験の少ない男性は、女性の発言全てを真に受けてしまう傾向が高いです。

女性は得てして好みの男性タイプを聞くと、優しい人という回答が圧倒的ですが、実情その子の彼氏の系統を聞いてみると、間逆だったりするのが殆どです。

下ネタも一見ダメと言ってる子に限って食い付き方が半端じゃないことも珍しくありません。

男性から迫ったときも、言葉では嫌と表現しますが、押し切ってみると嬉しそうな表情を見せます。

ここはどうしても経験値が必要になる部分ではありますが、言ってることが全てではないことだけでもご理解下さい。

男性に下心があるように女性も同様の感情を持っています。あからさまな態度に出ないため、分かりずらいというだけです。

なので、そういう雰囲気を作ってあげる必要があります。

ムードや嗅覚で感じるのが女性なのです。

ここまでお膳立てを行い、紳士的な態度で押していきましょう。

相手の押しの強さに負けたという既成事実にしたいのが女性の目論見なのです。

スポンサーリンク

まとめ

女性は僅かな時間で新しい彼氏を作ってしまう程行動が早いです。

今までの自分時間で事を進めようとすると、あっという間に他の男性に取られてしまい兼ねません。

いつまでもフリーでいると思わず、一期一会だと思ってコンタクトを取りましょう。

曖昧な上辺だけの言葉でツールだけの関係性で終わらせる事なく、ストレートに気持ちをぶつけて下さい。

キズつくことを恐れる気持ちは十分に分かりますが、それが男性の役目です。

露骨過ぎず、少し強引さを持って相手にコンタクトしましょう。

何度メールやLINEで充分な連絡を取り合っても、実際に1回会うことと比べれば、進展0と変わりありません。

勇気を出して相手を誘い出し、少し強引でも迫ってみること、チャレンジし続けることしか成功の道はありません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です