【メールで敬語】好き避け?嫌われているだけ?その真意を見極める

Pocket
LINEで送る

メールを敬語で返信する気持ち悪いおじさん

なんかメールの文面が異様に敬語なんだけど・・・

ビジネスメールかのようなちょっと普通ではない感じです。

普通に考えて気になる異性との会話は楽しい時間になるはずですが、恥ずかしさのあまり避けるパターンもあります。

自分の考えと逆の行動を取ってしまうということは、これまで何度も説明しているかと思います。

しゃべることもなく、目線も交わさない。良く言えばシャイ、悪いく行ってしまえばただの変質者。

でも、この行動には一つ一つ重要な意味が込められているのです。

スポンサーリンク

わざとメールの返信を遅らせる・返信が敬語

好き避けには、まわりにたくさんの友達がいる場合、好意を寄せる相手の近くに寄るようなことはしません。会話は事務的、好意を寄せる女性の隣に座っても別人としか話さないのです。

また面倒なことに、メールが来てもわざと返信を遅らせる、年下でもないのに敬語を使用する等の行動も見られます。

これは、好き避けの大きな特徴であるシャイな部分がクローズアップされたため、とにかく相手に好意を悟られたくないがために挙動不審・ツンデレな行動になってしまうんです。

好意を寄せている好き避け男女がいる場合、この面倒くさい相手を上手に誘導するには、大勢の人がいる場所でどうこうしようと思ってはいけません。

一人になったタイミングを見計い会話をする事です。

相手の間合いを考えながら、あまりガツガツした行動にならないようにしてください。

スポンサーリンク

好き避け男女に認められてきたと分かるサイン

シャイボーイ・シャイガールが多い好き避け男女ですが、その特徴的なツンデレの態度を改める兆候がでてきたら、スタートを切るタイミングと言えるでしょう。

対照的に印象が悪い場合、ツンデレでは無く明らかな態度でキッパリと見て取れると思いますので、その場合は諦めて追いかけないように気を付けましょう。もっと嫌われるだけですので・・・

態度が微妙で、好き避けなのか判断ができない場合は、一旦は追うのは止めて様子見してみましょう。

一つの目安として、まったく近寄ってこない、影でヒソヒソと話をしてる様子を感じる、あからさまに避けてる態度を感じたら、残念ながら、好き避けではなくあなたのことが「嫌い」なだけの可能性しかありません。

判断が難しい「避けてしまう行動」には、様々な意味合いがあるので、その行動の一つ一つに注意深く観察し尽くすことが大切なのです。

スポンサーリンク

まとめ

シャイで口下手な性格の好き避け男女が多いですが、何もことが始まらないままに終わってしまいうケースが多いです。

これは相手に本音をさらけ出したくても手段が分からず、何も行動できないからなのです。

でも好き避けの特徴を知ることで、一つ一つの行動に意味があることが理解できれば、不器用なだけの恋愛にも成功する可能性を高めることが出来るのです。

自分だけが知っている事で優越感にも浸れますし、好意を寄せる異性に対しての想いの伝え方がきちんと理解できるようになれば、必ず相手の行動が変わりあなたと接する態度に表れてくるでしょう。

嫌いな素振りを見せてしまう行動の意味・特徴を正確に把握してから攻略の糸口を見つけることが出来れば、知らぬ間に相手を振り向かせることが自然と出来ていることでしょう。

想いが通じ合う関係になってしまえば、今までの好き避け行動がウソのように甘い恋人関係になるケースが多いので、2人にとって最高の時間を過ごすことになるでしょう。

メールでの態度や、目線・言動に気を配り、相手の真意を突き止めていくことが必要な行動になるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です