片思いはどうやって男性に告白をさせるように仕向けるかが重要!!

Pocket
LINEで送る

好意を寄せる女性

片思いほど、毎日がキラキラして充実してることを感じられることは無いかもしれません。
好きな人が出来たというのは、それだけ自分を前に進めさせてくれる原動力になりえるのです。

同時に片思いほど、苦しくモヤモヤした気持ちになることもないでしょう。

好きな人が発する一言に、天まで高く飛び上がるほど喜んだかと思えば、何気ない一言で海の底かと見間違えるほど落ち込んでしまう・・・

好きな人が発する一言で、これだけ一喜一憂してしまう自分に嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。でも、頭でわかっていても心はどうコントロールすることも出来ないくらい相手に支配されてしまうんですね。

女性の片思いを両思いにする確率を上げる方法を考えてみました。

スポンサーリンク

告白することのリスク

毎日モヤモヤ悩んだ末に、勇気をふるい出して決死の覚悟で告白

「◯◯のことが前から好きだったんだ!!」

「ゴメン、無理」

最悪の結末、まさにゲームオーバー・・・

何がいけなかったのか? あの時の一言か?

いや、髪型を思いっきりショートにしたから?それとも、私のファッション?

脳内は失恋のダメージで制御不能状態、勝手な分析を繰り返します。

こんな痛手を負ってでも、告白したいのであれば止めることはしません。

ダメなら次の男に行けばいいもんね~
なんて考えられる人もOKです。

でも、そんな簡単に割り切れないから悩むんじゃないでしょうか?

そう考えると告白はリスクしかない賭けに過ぎないのではないか。
だったら、そんなリスクを取るのを止めてしまいましょう。

告白せずに、何とかうまく行く方法がないか、これを脳ミソフル回転で考えることにしました。

男性心理を掌握する

マズローが提唱するあまりにも有名な、欲求の5段階というものがあります。

1.生理的欲求
2.安全の欲求
3.社会的欲求
4.尊敬・評価の欲求
5.自己実現の欲求

1から5に行くに従って、己の欲求レベルが
進化していく仮定を表しています。

これを見た時に、男性心理に当てはめて考えることが出来ないか考えてみました。

そうしたときの、女性を見るうえでの男性心理の欲求は以下のようになると感じます。

1.絶対無理(受け付けない)
2.存在は知ってるが興味なし
3.体の関係だけでいい
4.彼女にしたいが、結婚は無理
5.絶対結婚したい

この男性心理を知った上で、自分がどの段階にいるのか客観的に見てみましょう。

自分の立ち位置が理解出来たなら、この1から5へ一歩一歩段階を進めさせるよう、誘導していくのがベストです。

告白が許されるケース

告白はリスクが高いので勧めない方針は変わりませんが、例外ももちろんあります。

1.誰がみても、かわいい・美人

2.20代前半までの若さ

3.両方を持ち合わせた女性

この3つのケースであれば、止めません。
片思いからスムーズに両思いになれる可能性が非常に高いでしょう

スポンサーリンク

男性心理を巧みに操り誘導する

これからが本気の勝負になります。どうやって男性を誘導していくか?

重要なポイントは 「男性が自らの意思で段階を上がっていったという事実にするよう仕向けること。

男女ともにズルいポイントはありますが、男性によくある傾向として、女性から言い寄られると、自分の手中に収めたと考え、この男性心理の欲求を上げません。

この段階を上げて行こうとした矢先に、女性からモーションをかけられることによって、安息してしまうのです。結果として、男女ともに同じ立ち位置だったはずが、圧倒的に男性優位に立ってしまうのです。

あなたと体の関係を持ちたいと考える男性がいたとして、上で上げた男性心理の欲求を理解している女性であれば、距離感を保ちながら付き合ってくれるまでは、体の関係を許さないでしょう。

男も、中々気を許さないあなたに、「この子は簡単にはいかないな、でも一緒にいても楽しいし、付き合ってもいいかな」

と一歩段階をあげようとしてくるはずです。

ここが非常に大事なところで、男性自ら上るという決断を下したところなんです。

この男性心理を知らない女性だった場合、先走ってしまい、結果として付き合う前に体を許してしまう。

こうなると、男性優位の状況を自ら招いてしまい、体だけの関係で終わってしまうことになりかねません。

スポンサーリンク

まとめ

男性は「責任」という言葉が大嫌いな生き物です。

あなたから積極的にアプローチしてしまうことで、男性にとって都合の良い展開になるだけではなく、遊ばれて終わってしまう可能性の方が高いのです。

男性との距離感は適度に手に入るか入らないかの微妙なラインに居続ける。

ここは駆け引きになりますが、男性との距離感を図りながら自分磨きを同時に行い、相手が「この子と付き合いたい」という段階に上るまでは、適度に居心地の良さを感じさせる距離感を取り続けて下さい。

最終的に男性から告白をさせるところにもっていくこと。

こうやってカップルになった女性は、付き合った後も大事にされる傾向が高くなると言えるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です