真面目な奥手女性に多い『好き避け』の心理、攻略のカギはどこに?

Pocket
LINEで送る

真面目な奥手女性 
 
人を避けることは、『嫌い』ということとは限らない。
 
やっと良い感じになった人に、避けられていると感じたことは無いですか?その段階で、迷惑かな?、嫌われたかな?、と思って諦めてしまう・・・
 
この「好き避け」という行動が、特に最近の女性に増えてきているのです。この心理を知らないと、嫌われていると勝手に勘違いして、本当は両思いだったのに判断を誤るなんてことに成りかねません。
 
ここは冷静に相手を分析して、見極めて行動していくようにしましょう。

スポンサーリンク

相手の性格はどのタイプなのかを知る

好きな相手を意識しすぎることで、極度の緊張や不安から距離をとってしまう行動を「好き避け」と言います。
 
要は、わざとそっけない態度をとってしまうんですね。特に自分の好きな相手が奥手なタイプの時にこの傾向は顕著に表れてくるのだと感じます。
 
 
いきなり、なんの前触れもないのに『避けられる』行動を取られたら、それは「好き避け」と考えることが妥当と言えます。
 
真面目で奥手、恋愛経験が少ないは、「好き避け」の行動になりやすい傾向があります。
 
 
恥ずかしさを知られたく無いがゆえに、わざとそっけない態度をとってしまったり、緊張して挙動不審な、ぎこちない態度になってしまうんですね。
 
意識していなかった時なら良いんですけど、意識し始めたら急に恥ずかしくなって避ける行動をしてしまうのは、つまりあなたのことが好きという裏返しの行動なんです。
 

スポンサーリンク

『好き避け』を見極める

好き避けだろうと思っていたが実は、嫌いだから避けているという最悪のケースもありえます。これを見極めることができるかどうか、これが最も重要な部分になります。
 
好き避け」の場合、避け方に一貫性がないことが多いため、不自然な避け方になってることが多いです。
 
反対に「嫌い避け」の場合は、ヒシヒシと感じるくらいに本当に嫌いなので、態度も容赦がなくバサッと避けます。
 
好きな人を目で追うことはあっても、嫌いな人を目で追うことはありません。それでも見分けが付かない時はどうするか?
 
この2つを見分ける手段は一つ、聞いてしまえばいいんです。
 
何か変なことでも言ったかな?」
 
別に・・・なんて言われそうですが、ある程度態度で判断がつく場合が多いです。これが「好き避け」であれば、好きな人に嫌われたくはないため、態度を変えてくるでしょう。
 
「嫌い避け」の場合は・・・
 
はい、これからも無視・避け続けることでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

相手が真面目で奥手なタイプの場合、「好き避け」している可能性が高いです。
 
どう対処して、間合いを詰めていくか。
 
まずは恥ずかしさの要素が強いと考え、2人きりになる場面を作りましょう。
 
2人きりになれば、周りに誰もいないことから恥ずかしさが軽減され、いつもよりも円滑にコミュニケーションがとれることでしょう
 
自分に自信がないことから来る不安から避けている場合には、直接会って話すということではなく、メール・LINEなどで相手の思いを探っていきましょう。
 
はじめはどうしてもぎこちない態度で接してくる相手が、少しづつでも心が近付いていけば、徐々に対面でも普段通り接してくれるようになります。
 
真面目で奥手な女性程、忍耐強く接していくことが「好き避け」タイプ攻略の鍵になるのです。
 
長期戦になっても信頼してもらえるよう頑張っていきましょう。
 
 
 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です